令和6年度の会合の予定です

総 会      令和6年 5月21日(火) 午前11時30分~

          会場 ホテルライフォートで開催しました。(65名参加)    

夏期懇親会    令和6年  7月21日(日) 午後 3時00分~4時30分   

          会場 ホテルライフォート

忘年例会     令和6年11月26日(火) 正午12時00分 

          会場 ホテルライフォート       

新年交礼会    令和7年  1月22日(水) 正午12時00分

          会場 ホテルライフォート

その他の行事

 

 穂多木神社例祭  令和6年6月15日(土) 午後1時30分

           北海道神宮境内

 

令和6年度定時総会が開催されました

令和6年度定時総会が、5月21日()午前11時30分から、ホテルライフォート札幌に於いて、会員65名の出席のもと開催されました。

議事に先立っては、昨年度逝去された30名の会員の方々のご冥福をお祈りするため、黙祷を捧げました。

引き続き檜森会長の開会挨拶があり、本年4月、北洋銀行頭取に就任した津山氏をはじめ、常務取締役への昇任が内定した山田、米田両氏はいずれも拓銀出身者であることや、石井元頭取の札幌証券取引所理事長への内定など、その活躍が紹介されました。

議案審議では、小須田副会長から、令和5年度会務・会計報告や令和6年度事業計画・収支予算案などの議案説明がなされ、全議案が原案通り、満場一致で承認されました。

 

議事終了後は、檜森会長の乾杯の音頭で懇親会を開宴、互いの近況や思い出話に花が咲き、杯を重ねるにつれ、他テーブル間を行き来するなど、会場は盛り上がりましたが、予定時間の午後1時過ぎ、名残惜しい雰囲気の中、互いの再会を約し、小須田副会長の一本締めで散会となりました。

新年交礼会が開催されました

 令和6年新年交礼会が1月17日(水)12時からホテルライフォート札幌で開催されました。前日の大雪の影響もあり足下の悪い中、73名(うち女性4名)の会員が出席しました。

高橋行事委員長の進行で開会され、檜森会長から「今年も明るく元気に過ごしましょう。短い時間ですがどうぞご歓談ください」との挨拶がありました。続いて恒例の鏡開きとなり、今年辰年の籾井さん、川﨑さん、松木さん、星さん、安原さんと檜森会長の6名により勢いよく木づちが打ち込まれ、早速升酒での乾杯となりました。

宴の中程に高木宏壽さん(昭和35年生、衆議院議員・復興副大臣)からスピーチがあり、「新年早々大震災があったが、事前の防災等に取り組むことが大切です」との話がありました。

歓談尽きないところでしたが、中締めの時間となり、小須田副会長からお開きの挨拶で、「巻き戻し出来るか辰年やり直し」との新聞川柳の披露があり、最後に力強く一本締めで、午後1時過ぎの散会となりました。

  今回も日本清酒さんと高砂酒造さんから銘酒の差入れをいただきました。

                                 (画像をクリックすると拡大します)

令和5年度 忘年例会開催

 

 令和5年度忘年例会が、1129日(水)正午からホテルライフォート札幌で開催されました。小雪まじりの真冬日となった気候でしたが、75名(うち女性4名)の会員さんが出席されました。

 定刻に高橋康次行事委員長の進行で開始され、檜森聖一会長から開会の挨拶がありました。「会員の減少が懸念されたが新規会員の入会が堅調で670名を維持しています。会の財政も会員数の維持に加え、近年は会報へのスポンサー企業さんからの広告料の増加もあり、財政状況は安定推移しているところです。懇親会の開催費用も近年増加しているが、懇親会の参加料を据え置き、会員さんに負担のない様にやり繰りしています。今後も新規会員の勧誘にご協力頂きたい」との挨拶があり、引き続き乾杯の音頭で開宴となりました。

 日本清酒さんと高砂酒造さんから今回も清酒の差入れをいただきました。

 各テーブルでの歓談が尽きない中でしたが、中締めの時刻となり、小須田洋副会長から「年のせいか、時の経つのが段々早くなったと感じています。テレビ番組でときめきが無くなると時の経過を早く感じる、と報じていました。ときめきを捜してみたら如何でしょうか」との挨拶があり、続いて三本締めで賑やかに午後1時過ぎ中締めとなりました。

令和5年度 夏期懇親会開催さる

 本年度夏期懇親会が令和5年7月25日(火)正午からホテルライフォート札幌にて女性3名を含む71名の参加により開催されました。 

 檜森会長から「元気で明るく仲良くこの拓友会を盛り上げていきたいと考えております」との挨拶に続き乾杯の音頭で開宴となりました。

 高橋行事委員長から日本清酒さんと高砂酒造さんから清酒のご寄贈を頂いたとの報告の後、白髪日本清酒会長から新工場をこの度稼働したとの挨拶と千歳鶴蔵元直送頒布会のお話がありました。

 寺田事務局長から会員数の動向について、3月末での677名を現在も維持していること、現在60歳代の方々への入会を勧めている処なので、皆さまのご協力を是非お願いしたい、との報告がありました。

 その後、岡山から参加された大館暢宏さん(昭和17年生)から挨拶があり、「夫人と岡山で生活しているが、こちらに子供もおり毎年この拓友会夏期懇親会には出席するようにしている。来年もお邪魔したい」との事でした。

 また阿部弘さん(昭和31年生)から挨拶があり「今年6月に新規入会した。23年前北洋銀行を退職し起業した。3年前に他界した父も拓友会に入っており、父の話を思い出している」との話がありました。

 各テーブルでの懇親が続きましたが、中締めの時刻となり小須田副会長から「高校総体が開かれており、札幌のホテルも稼働率が上がっている様です。今年は例年以上に暑い日が続いており、これから増々暑くなる様ですので熱中症には皆様ご注意ください」との挨拶に続き乾杯の音頭で中締めとなりました。

  午後1時過ぎ、歓談の熱冷めやらぬ中、閉会となりました。

                                (画像をクリックすると拡大します)

   令和5年度総会を対面で開催

 令和5年度総会は、5月16日()午前11時半からホテルライフォート札幌で78名が出席し4年ぶりの対面総会で開催されました。

 開会に先立ち昨年度の28名の物故会員に黙祷を捧げた後、杉江会長の議長により議案審議に入り、令和4年度会務・会計報告及び令和5年度事業計画・収支予算案が原案通り承認されました。続いて役員選任案が提案され、新会長に檜森聖一氏、新副会長に小須田洋氏が選任されました。

 尚、前会長の杉江直哉氏、前監事の池田彬氏は、顧問として今後の拓友会運営にご教示頂くこととなりました。会務推進の新委員には、水野博喜氏が会報担当に本吉浩氏が行事総務担当に新しく委嘱されました。

  総会終了後は、檜森新会長から「この会は元気で明るく仲良しの場」としたいとの挨拶と乾杯の音頭により懇親会に移りました。感染防止に留意しつつ和やかに且つ話題豊富に歓談が続きました。日本清酒様と高砂酒造様から銘酒の差入れを頂きました。コロナ前を思わせる談笑が続き名残尽きない中でしたが、小須田洋新副会長の中締めで午後1時過ぎ散会となりました。

〖富山憲一さんから寄贈された絵画です〗

.

   

 訃  報               

  

 安宅 一郎さん     1月  9日 享年 91歳

 中村 泰三さん     1月23日 享年 92歳

 松本 祐光さん     1月31日 享年 90歳

 髙島  宏さん     2月  2日 享年 92歳

 寺岡 末男さん     2月  9日 享年 90歳

 上野 幸雄さん     2月23日 享年 90歳

 秋田永喜春さん     3月14日 享年 74歳

 竹内  彪さん     3月31日 享年 84歳

 彦坂 元義さん     4月  6日 享年 94歳

 磯部 壮一さん     4月15日 享年 92歳

 田中 榮一さん     5月  1日 享年 94歳

 木戸  茂さん     5月  5日 享年 91歳

 酒井智恵子さん     5月28日 享年 97歳

 白圡 幸夫さん     6月  7日 享年 95歳

 

んでご冥福をお祈り申し上げます