30年度の会合の予定と報告です

 

平成30年度総会    平成30年5月23日(水) 午前11時30分

           ホテルライフォート2Fホール

夏期懇親会     平成30年7月25日(水) 正午12時00分

           ホテルライフォート2Fホール

忘年例会      平成30年11月20日(火) 正午12時00分

           ホテルライフォート2Fホール

新年交礼会     平成31年  1月22日(火) 正午12時00分

           ホテルライフォート2Fホール

 

その他の行事

 

 銀声会コンサート 平成30年6月9日(土) 

           札幌コンサートホール Kitara 小ホール

 穂多木神社例祭  平成30年6月15日(木) 午後1時30分

           北海道神宮境内

 

平成30年度 忘年例会開催

  明治23年の遅い初雪記録に並ぶ、128年振りの遅い初雪となった11月20日(水)12時からホテルライフォートで忘年例会が開催されました。

 女性6名を含む94名の会員参加の元、中野行事委員長の進行で例会は始められました。中野委員長からの会務報告に続き、杉江会長は挨拶で、ブラックアウトを経験し電気の大切さを実感した事、先の7月例会で河谷元頭取から挨拶があった事、今日は今年を楽しく振り返り歓談して下さいとの話があり、乾杯の音頭で例会が始まりました。例会初参加となった星良昌さん(66歳)が紹介され、挨拶がありました。

 日本清酒(株)様と高砂酒造(株)様からの銘酒の差入れを頂き、各テーブルで懇親の輪が広まる中、長谷川光夫さん(69歳)の三本締めで散会を惜しみつつ閉会となりました。

                                     (画像をクリックすると拡大します。)

 夏期懇親会が開催されました

 盛夏の日差しとは言え爽やかな風もそよぎ、過ごしやすい晴天に恵まれた平成30年7月25日(水)12時からホテルライフォートで、夏期懇親会が催されました。

 女性8名を含む平均年齢77.5歳の93名の会員が集い、5月の総会以来の再会を喜び合いました。

 杉江会長からこのところの本州の記録的な猛暑に比べると当地の気候が幸い別天地のようでである事、穂多木神社例祭の様子、本日河谷元頭取にゲストとしてご出席頂いている事などの挨拶があった後、中野行事委員長から諸会務報告がありました。

 続いて、ゲスト出席された河谷元頭取が登壇され「20年前に拓銀破綻と言う大変残念な事態に至りました。皆さまに多大なご迷惑をおかけした事につき当時の責任者として深くお詫び申し上げます」、「全力で処理に当たりましたが、最後は山のような不良債権に押し潰されたと言うのが実感で、力及ばず破綻という結果を招きました事は今でも誠に残念で申し訳なく、皆さまに重ねてお詫び申し上げます」と陳謝を重ねられ、「破綻後沈黙を通して来ましたが、昨年マスコミから申し込みあった際に、20年経過の区切りでもあり、北海道の金融界の大転換点であった当時について、自分が知っている範囲で口を開いた方が良いのかなと思い取材に応ずる事としました。以来、有難い事に先輩・同輩・後輩などいろんな方から声をかけて頂き、旧交を温めさせて頂いており大変嬉しく思っております」と述べられた後、乾杯の音頭では「平均年齢70何歳という事なので、どうぞ皆さん座られたままで!」と座を沸かせた上で「拓友会の皆さまの益々のご発展とご健康を祈念して」と杯を挙げられ開宴となりました。

 日本清酒さん・高砂酒造さんご寄贈の銘酒も加わり、懇親の歓談で盛り上がる中、あっという間に時間が過ぎ、最後は出席会員中最若手の一人の高木宏壽さんの「地震・火山に気候変動も加わって日本は災害大国で防災・減災が重要課題となっています。札幌市議の中川賢一会員を国政に送り出したいと思っています。皆さん拓銀OBとして共に益々お元気でご活躍を」との締めの乾杯でお開きとなりました

平成30年度総会が開催されました

 

平成30年度総会が、薫風かおる5月23日(水)11時30分からホテルライフォートで会員104名の出席のもと開催されました。

 物故会員に対する黙祷に続き、杉江会長から挨拶があり、北海道の開発に拓銀が果たした大きな役割を自負するものであること、また昨今の官公庁・大企業の組織の腐敗を鑑みるに、個々人が思いやりの心を持った組織が必要とされており、それを実践しているのが拓友会です、との話がありました。

 杉江会長の議長により総会議事が進行され、全議案について満場一致で承認されました。

 続いて中野行事委員長の司会により懇親会に入りました。今回の総会に、3名の初参加者があり井上明範さん・大岸公子さん・東京から駆けつけた笹枝章夫さんから挨拶がありました。そして昨年道新で報じられた、ウクレレで施設慰問を続けられている前川邦哉さんから今後の慰問予定についてお話がありました。

 会場の各所方々で、懇親の輪が拡がる中、檜森副会長の手締めで午後1時過ぎ散会となりました。

 

(画像をクリックすると拡大します。)

新年交礼会が開催されました

 

大寒を過ぎ厳しい寒さの中、平成30年の新年交礼会が1月23日(火)正午からホテルライフォートにて4名の初参加者を含む121名の会員の参加のもと盛大に開催されました。 

 

杉江会長から新年のご挨拶と長寿者のご紹介に続き、本年開基150年を迎える北海道の開発に「たくぎん」の果たした役割の話がありました。その後、こも樽開きが、干支の戌年代表として高田迪允さん、中村典雄さん、武井俊雄さん、細川昭さんの4人の皆さんと杉江会長により賑々しく行われました。杉江会長の乾杯の音頭で開宴となり、日本清酒さんと高砂酒造さんからご寄贈の銘酒に陶酔した会場には、談笑の輪が拡がりました。熱気冷めやらぬ中、戌年の辻道生さんの結びの乾杯で再会を約し散会となりました。

 

                                (画像をクリックすると拡大します。)

(画像をクリックすると拡大します。)

〖富山憲一さんから寄贈された絵画です〗

.

   

 訃  報               

   

   平沼 満さん        5月10日 享年 89歳

   宮崎 英子さん       5月14日 享年 90歳

 出町 鐡之助さん      5月31日 享年 88歳

 斉藤 和也さん       6月  2日 享年 87歳

 秋山 貞男さん       6月24日 享年 86歳

 早坂 久男さん       6月24日 享年 93歳

 海谷 善孝さん       6月27日 享年 83歳

 成田 繁さん        7月  3日 享年 83歳

   坪谷 悟郎さん       7月12日 享年 76歳

 沼田 栄二さん       7月22日 享年 89歳

   河口 邦夫さん       7月30日 享年 86歳

 佐藤 三郎さん       8月  6日 享年 88歳

 門馬 登さん        8月  7日 享年 96歳

 保坂 恭悦さん       8月10日 享年 88歳

   村田 賢蔵さん       8月18日 享年 89歳

 阿部  武さん       8月26日 享年 84歳

 黒岩 義則さん        10月25日 享年 84歳

   金戸 敏夫さん        10月31日 享年 87歳

 坂東  曻さん        11月10日 享年 85歳

 清水 壽夫さん        11月14日 享年 87歳

 田村 元一さん        11月23日 享年 88歳

 岩崎  實さん        11月28日 享年 85歳

 

謹んでご冥福をお祈り申し上げます