令和2年度の会合の予定と報告です

 

令和2年度総会     新型コロナウイルスの感染防止の観点から、

          書面にての開催とします。4/15、発信予定。

          懇親会は中止とします。

夏期懇親会     令和2年7月22日(水) 正午12時00分

           ホテルライフォート2Fホール

忘年例会      令和2年11月17日(火) 正午12時00分

           ホテルライフォート2Fホール

新年交礼会     令和3年  1月20日(水) 正午12時00分

           ホテルライフォート2Fホール

 

その他の行事

 

 穂多木神社例祭  令和2年6月15日(月) 午後1時30分

           北海道神宮境内

 

令和2年 新年交礼会開催

今冬初のまとまった量となった雪が降り止んだ1月21日(火)、令和初の新年交礼会が正午からホテルライフォートにて125名の会員の参加のもと盛大に開催されました。

中野行事委員長からの会務報告、初参加の武馬鋭称さんからのご挨拶があり、続いて杉江会長からの新年のご挨拶の後、恒例のこも樽鏡開きを干支の子年代表として吉原英二・佐藤和直・砂生哲郎・柳守成・松岡京子の五人の皆さんと杉江会長が高らかに槌音を響かせ、杉江会長の乾杯の音頭で開宴となりました。

日本清酒さんと高砂酒造さんからご寄贈の銘酒も加わって、会場は次第に談笑の輪を広げ盛り上がりました。

熱気冷めやらぬ中、民亮一さんの謡「高砂」の一節と結びの乾杯で再会を約して散会となりました。

 (画像をクリックすると拡大します。)

令和元年度 忘年例会開催

 

 寒気到来ながら薄日に恵まれた11月20日(水)12時からホテルライフォートで忘年例会が開催されました。 女性2名を含む100名の会員参加の下、中野行事委員長の進行で例会がスタート。中野委員長からの会務報告・会報委員長からの寄稿依頼に続き、杉江会長の「新しい時代の幕開けとなった令和元年も即位の儀式も終わって平常な歩みに入ったが、今年を振り返ると、国際情勢は混沌、国内状況も不安定で心配な時代。不確実性の時代と言われた時期があったが、今は不確実性が増す時代に入ったと思われ、適切な対応が必要な問題が多々出てくると思う。拓友会については、元会長の土井さんが亡くなられ大変残念だったが、檜森副会長・池田事務局長はじめ新しく加わった若手役員が会員増強に努めた成果が少しずつ実って来ており、拓友会の永続に向けて歩んでいる」との挨拶と乾杯の音頭で例会が始まりました。 日本清酒(株)様と高砂酒造(株)様からの銘酒・白髪前会長様からのワインの差入れを頂き、各テーブルで懇親の輪が広まる中、高岡茂夫さん(69歳)の「地球温暖化の関係での自然災害や沖縄首里城の火災など災害の多い今年でしたが、来年は災害が減りますように、および会員各位のご健勝を祈念して」との乾杯で散会を惜しみつつ閉会となりました。

 夏期懇親会が開催されました

 盛夏と言え爽やかな風もそよぎ、過ごしやすい天候に恵まれた令和元年7月23日(火)12時からホテルライフォートで、夏期懇親会が催されました。

 女性10名を含む平均年齢79歳の92名の会員が集い、5月の総会以来の再会を喜び合いました。

 中野行事委員長から諸会務報告及び遠く岡山県からご参加いただいた大館暢宏さんの紹介があり、続いて杉江会長から「退職して暮らすには2千万円以上の金融資産が必要である話など色々厳しい時代に成って来ているが、今日はお互い元気な姿を確認し合って、楽しく歓談してください」との挨拶があって、乾杯の音頭で例会が始まりました。

 日本清酒さん・高砂酒造さんご寄贈の銘酒、白髪良一さんご手配の紅白ワインも加わり、懇親の歓談で盛り上がる中、あっという間に時間が過ぎ、最後は星野尚夫さんから「拓友会等に積極的に参加し、スケジュール管理を自分で行う事、参加した会合では楽しい話をする事、この二つが長生きの秘訣に繋がる」とのお話と締めの乾杯でお開きとなりました

令和元年度総会が開催されました

  連日の猛暑も明け薫風かおる5月29日(水)11時30分からホテルライフォートにて令和元年度総会が会員104名の出席のもと開催されました。

  檜森総務委員長の開会宣言の後、平成30年年度の物故会員に対する黙祷を捧げました。

 恒例により杉江会長を議長に選出し、会長挨拶に続き議案審議がなされ、全議案について満場一致で承認されました。

 杉江会長からは、「本日の総会は、新元号『令和』の始まりの月の開催となりました。世界の動きを見ると、心配な時代が始まっていると思わざるを得ませんが、北海道では、若い知事が誕生し、道民の期待に是非応えて頑張って欲しいところです。昨年度の拓友会の運営については順調に推移しました。本年度は、役員に2名の若い方が就任します。今後も若い会員を増やして参りたく、ご協力をお願いします。」との挨拶がありました。

  総会に続き、中野行事委員長の司会により懇親会に入りました。会務報告と新役員の紹介後、杉江会長の乾杯の発生により開宴となりました。

 賑やかな歓談が続き名残尽きぬところでしたが、檜森副会長の手締めにより午後1時過ぎ、盛会裏に散会となりました。 

                               (画像をクリックすると拡大します。)

                                     (画像をクリックすると拡大します。)

(画像をクリックすると拡大します。)

(画像をクリックすると拡大します。)

〖富山憲一さんから寄贈された絵画です〗

.

   

 訃  報               

   

   古館 丈夫さん      11月  7日 享年 91

   辻岡 公夫さん      11月18日 享年 77

 阿部 幸雄さん      12月11日 享年 92

   豊山 州史さん        12月22日 享年 87歳 

   櫛田 利雄さん        1月14日 享年 86歳

   岡島 伸安さん        1月16日 享年 86歳

   菅   淳さん        1月19日 享年 86歳

 高橋  正さん        1月27日 享年 91歳

 坂井 達美さん        2月11日 享年 92歳

   皆川 晶次さん        2月26日 享年 89歳

 蓼沼  豊さん        2月27日 享年 90歳

 浅川 勝雄さん        2月29日 享年 91歳 

 生田  誠さん        3月13日 享年 89歳

   田中  貢さん        3月28日 享年 91歳

 磯尾  司さん    4月18日 享年 80歳

   呉  良平さん    4月20日 享年102歳

 米道 春雄さん    4月 23日 享年 86歳

   中村    彰さん    5月   5日 享年 93歳  

 

謹んでご冥福をお祈り申し上げます