拓友会では会員の皆様に会報やホームページにより、会の活動状況や会員の消息などをお知らせしております。

このページでは地元のイベント・風物詩のほか会員の皆さんの身近な催しなど読者の目に楽しい話題を掲載します。

(良い掲載材料があれば事務局までご連絡下さい)  

 陽春の札幌  

 4月に入って一気に気温上昇、12月・1月と除雪で我々をこき使い、玄関や車庫脇にうず高く積みあがって辺りを睥睨していた雪も、日陰にひっそりと身を縮めた今日此の頃、大通公園のテレビ塔から陽光満ち溢れる札幌の街並みを眺めてみました。

 道路や建物の屋根にはまぶしい陽光が降り注ぎ、豊平川・創成川や遠くの山々の峰に残る残雪が、街並みの春真っ盛りをひと際感じさせる風景でした。

 真冬の寒冷・風雪が厳しい北国なればこそ、陽春の訪れは南国では味わえない、待ち遠しかった心弾む感動ですね! (H29.4.5記)

(① 上の写真の画面にマウスを当ててクリックすると大きな写真に切り替わります。② 更にその画面で右上隅の全画面アイコン<四角形の四隅のマーク>をクリックすると最大サイズの写真となり、③ 左右の「」「」をクリックすると、前()()の写真に切り替わります。)

百合が原公園に一足早い春

 日が長くなり、晴れた日の日差しが強くくなったものの、風はまだ冷たい今日この頃、百合が原公園で「アザレア展(2/14~3/5)」・「ツバキ展(2/28~3/20)」二つの展示会が開催されており、温室の中ながら一足早い春が来ていました。

 何れも道内各地の愛好家が丹精込めて育てた作品で、公園の温室という地味な舞台の中ですが、春の訪れを告げるかのように咲き誇っていました。

 調べてみたら、アザレアはつつじの仲間で、ベルギーに持ち帰られた台湾のタイワンツツジがサツキなどとの複雑な交雑の末に園芸品種群として成立した品種、椿は日本・中国・東南アジアが生息地の常緑樹で日本(東北以南)では昔から親しまれてきた品種ですが、いずれも晩秋から初春に花が咲く植物のようです。

 公園の展示室は入館料130円ですが、65歳以上は年齢の確認出来るものを提示すれば無料になります。(H29.3.1記)

第68回さっぽろ雪まつり開幕

平成29年さっぽろ雪まつりが開幕しました。

大通会場(2月6日~12日)は、迫力ある大雪氷像が立ち並び、すすきの会場(2月6日~12日)は、幻想的な氷の世界が広がっています。つどーむ会場(2月1日~12日)では、雪と触れ合える雪設備がたくさんあります。

開会式が、大通会場8丁目広場で午前10時15分から開催されました。

(画像をクリックすると拡大することが出来ます。)

大通会場・・・

1丁目広場「J:COMひろば」・・・東西22m、南北23mの屋外スケー    トリンクが設置されています。

2丁目広場「道新 氷の広場」・・・小学生から公募した夢の家を「ホエール・ホーム」(くじら型の家)の大氷像で再現しています。

3丁目広場「HTB PARK AIR広場」・・・高さ24m、全長60m、最大斜度39度の巨大ジャンプ台です。日本トップレベルのスノーボード やフリースタイルスキーが繰り広げられます。

4丁目広場「STV広場」・・・世界で大ヒットのゲームソフト「FINAL FANTASY Ⅶ」の大雪像です。最新音響システムで臨場感を高めます。

5丁目西広場「毎日新聞 氷の広場」・・・台湾台北市の中心部にある台北賓館の大氷像です。設計には日本人も携わり、ギリシャ建築様式やローマ様式の円柱を施した豪華絢爛な建物です。

5丁目東広場「環境ひろば」・・・テレビの歴史を体現している黒柳徹子さんの姿をした天女が、巨大な街頭テレビを携え、商店街に舞い降りているトット商店街の大雪像です。夜間はアニメーションも上映されます。

6丁目広場「市民の広場」・・・道内各地を代表する激ウマグルメが大集合しています。1丁目・9丁目他各会場に北海道食の広場が設けられています。

7丁目広場「HBCフランス会場」・・・パリのシャルル・ド・ゴール広場にそびえる凱旋門を縮尺およそ3分の1で再現しています。

8丁目広場「雪のHTB広場」・・・高さ13m、幅22m、奥行21mの奈良興福寺 中金堂の大雪像です。3000トンの雪と60種類約4500個の細かいパーツを貼り付け再現しました。陸上自衛隊第18普通科連隊の延べ3800人の自衛隊員が、1月6日から31日間かけて制作しました。

9丁目広場「市民の広場」・・・中雪像や市民雪像が展示されています。

10丁目広場「UHBファミリーランド」・・・白いスターウオーズの大雪像です。天を突く昼間の大迫力に加え、夜間には迫力のサウンドによるライティング・ショーを実施します。

11丁目広場「国際広場」・・・第44回国際雪像コンクールで世界各地から11チームが雪像を制作しました。

雪ミク(初音ミク)の小雪像もあります。

12丁目広場「市民の広場」・・・市民手作りの小雪像が配置されています。

すすきの会場

「氷を楽しむ」をテーマに幻想的な氷像が6ブロックに亘り配置されています。アイスバーもありますし、夜間は氷の女王撮影会もあります。

つどーむ会場

子供から大人まで遊べる会場です。チューブを利用して滑走する滑り台は、全長100m、高さ約10mで大迫力を楽しめます。雪の迷路もあります。

屋内会場には、ふわふわ観覧車やミニ北海道新幹線も走っています。

会場へは、地下鉄栄町駅からシャトルバスがあります。(片道100円)

(① 上の写真の画面にマウスを当ててクリックすると大きな写真に切り替わります。② 更にその画面で右上隅の全画面アイコン<四角形の四隅のマーク>をクリックすると最大サイズの写真となり、③ 左右の「」「」をクリックすると、前()()の写真に切り替わります。)