拓友会では会員の皆様に会報やホームページにより、会の活動状況や会員の消息などをお知らせしております。

このページでは地元のイベント・風物詩のほか会員の皆さんの身近な催しなど読者の目に楽しい話題を掲載します。

(良い掲載材料があれば事務局までご連絡下さい)  

<お知らせ>

今年度の会合案内と報告」画面を更新しました。R06.05.21 令和6年度定時総会開催

今年度の会合案内と報告」画面を更新しました。R06.01.17 新年交礼会

今年度の会合案内と報告」画面を更新しました。R05.11.29 忘年例会開催

☆「グループ情報」画面を更新しました。R05.11.18 合同同期会開催

☆「今年度の会合案内と報告」画面を更新しました。R05.08.25 夏期懇親会開催

今年度の会合案内と報告」画面を更新しました。R05.05.15 令和5年度総会開催

今年度の会合案内と報告」画面を更新しました。R04.11.16 忘年例会開催

「トピックス」画面を更新しました。R06.6.15 穂多木神社例祭挙行

「トピックス」画面を更新しました。R02.08.27 細川昭さんメトロギャラリー展

「トピックス」画面を更新しました。R01.6.19 小野田儀信さん「メレヨン島遺族会」の道新記事

☆「トピックス」画面を更新しました。H30.6.10 2018銀声会コンサート開催

☆「トピックス」画面を更新しました。H29.12.19  前川邦哉さんの道新記事(12/15夕刊) 

YOSAKOIソーラン祭り開催

6月5日()から9日()までの5日間、札幌大通公園内に設置された特設ステージや南北大通りをメイン会場に、YOSAKOIソーラン祭りが開催されました。

札幌初夏の風物詩と言われるこの祭りは、本年開催で第33回を迎えましたが、新型コロナ感染症の影響により第29回、30回開催は中止、その後の第31回、32回はマスク着用しながらの演舞など様々な制約の下での開催でしたが、本年は5年振りにそういった制約がない中での開催となりました。 

比較的天候にも恵まれ、コロナ禍以前の賑わいを取り戻し、踊り手にも観客にも昨年、一昨年には殆ど見られなかった外国人の姿も目立ちました。

2024さっぽろ雪まつり 会場風景

第74回を迎えるさっぽろ雪まつりが、2月4日から11日まで大通会場、すすきの会場、つどーむ会場で開催されています。今回は、196基の氷雪像が制作されました。夜間には大雪像にプロジェクションマッピングがあります。

大通1丁目~J:COMひろば(カーリング広場など)

大通2丁目~札幌国際芸術祭2024(エアーシップ・オーケストラなど)

大通3丁目~市民の広場(市民雪像)

大通4丁目~STV広場(ウポポイとゴールデンカムイ)

大通5丁目~道新雪の広場(駆けるサラブレッド)

大通6丁目~アート広場(プロ工芸家の雪像彫刻)

大通7丁目~HBCドイツ広場(イノシュバンシュタイン城)

大通8丁目~雪のHTB広場(旧札幌停車場)

大通9丁目~市民の広場(市民雪像)

大通10丁目~UHBファミリーランド(北海道ボールパークFビレッジ)

大通11丁目~国際広場(国際雪像コンクール)

つど^む会場~子供から大人まで遊べる会場(チューブスライダー他)

すすきの会場~アイスワールド2024(氷彫刻・氷像)

 5日(月)は冬の青空が広がるの氷点下の気温でしたが、防寒対策万全の外国からの観光客が多数見物に来ており、大雪像に感嘆していました。

あけましておめでとうございます

令和6年(2024年)を迎えました。

新年あけましておめでとうございます。

正月3日の北海道神宮は、雪曇りで、風もなく穏やかな天候でした。

14時頃の境内は、混雑はしていませんでしたが、正面から拝礼するには、10分程を要したでしょうか。賽銭ゾーンが広く取って あり、正面だけでなく横側からの拝礼を勧めるアナウンスもありました。

家族連れ、グループ、カップルや外国の方も多数拝礼されていました。

  円山公園口鳥居へ向かう参道沿いには、30軒ほどの露店が並び賑やかな声が聞こえました。

さっぽろホワイトイルミネーション2023開催

 43回目となるさっぽろホワイトイルミネーションが令和5年11月22日(水)から5つ会場で開催されました。

 大通会場(西1丁目から西6丁目)は、12月25日まで、駅前通会場は2月11日まで、南1条通会場・アカプラ会場・駅前広場会場は3月14日までの開催です。イルミネーションの点灯は、16時30分から22時迄です。

 大通2丁目では、ミュンヘン・クリスマス市が12月25日まで開催されます。札幌の姉妹都市ドイツ・ミュンヘンから本場ドイツのクリスマス料理や各種アイテムを扱うブースが出店しています。

取材した11月26日(日)は、小雪まじりの天候でしたが、気温はプラス1度でした。若者のグループやカップル、家族連れの子供達の楽しそうな声が聞こえました。

  今年は、大切な人への想い、明るい未来への想いを願って未来の光を灯すことをテーマとしています。大通西3丁目のオブジェはすずらんとハマナスのイメージでした。昨年は、74万個の電球が使われたそうです。

新そばフェス2023

 北海道で栽培された各地の新そばを、道内有名店が提供していました。

 10月18日から10月29日間を前半第1期と後半第2期に分け、延べ14店が道内各地から集合していました。取材で訪問した10月25日(水)は、初冬の陽ざしに誘われたそば通の人々が各ブースに行列していました。但しこの日は雪虫が大量発生しており、皆さん苦労されていました。1日各店1,000食限定だそうです。

 

  期間 第1期10月18日(水)~22日(日)

     第2期10月25日(水)~29日(日)

  会場 札幌大通公園西8丁目

 

 

 因みに、北海道はそばの作付面積・収穫量ともダントツの日本一で、令和3年度は作付面積2万4、300ha(全国対比37%)、収穫量1万7300t(全国対比42%)でした。令和2年度統計ですが、道内市町村別収穫量は、幌加内町2460t、深川市2180t、旭川市984tが上位市町でした。

華やかな山車が練り歩く2023札幌まつり神輿渡御

 札幌の夏の始まりを告げる北海道神宮例祭 札幌まつりの142回目となる神輿渡御がまつり最終日に行われました。昨年までの制限は無く、4年振りの通常開催でした。

  平安装束を思わせる美しい衣装に身を包んだ奏者や担ぎ手らにより、4基の神輿と9基の山車が引かれ、賑やかにそして風情豊かな時代行列が約50分に亘り繰り広げられました。

                                 (画像をクリックすると拡大します)

 

 

北海道胆振東部地震での被災に

    お悔みとお見舞いを申し上げます

 

 

9月6日発生の北海道胆振東部地震は道内で初めての震度7の激震で、死者41人、建物損壊1,500棟超及び北電の主力発電所の損傷による全道停電など大災害となりました。ご自身が被災された会員、或るいはお身内・知人が被災された会員もおられるかと拝察致します。心からお悔やみと、お見舞いを申し上げます。

 

(拓友会役員一同)